Mail



2020 

2013 2014 2015 2016 2018 2019 2020

3月5日
基礎ブロックの短辺の内側は3m30cmのつもりでいたが、誤差があった。この誤差は壁の厚さで吸収したほうがよいのだろうと思う。



3月17日
床を試した。思ったより安定している。2*4と合版の間に野地板をいれるかどうか。






床下の換気窓を入れていない。斜面にある土地なので乾燥しているので大丈夫か。
Oct. 6, 2020
鴨長明は「家の作りやうは、夏をむねとすべし」と記している。はじめに読んだときは「冬は火があれば…」と思ったが、高温高湿の夏を考慮して木が腐らないように、という意もあるかもしれないと思い始めた。この庵は冬の寒さ対策(最低気温-10度くらい)を重視して床下の換気窓を廃したが、夏の対策も必要。そこで湿度管理と対策を思いついた(施工時後述)。




櫻に花芽がない。移植後4年になるのに、今年も咲かない。


3月18日


3月30日
靄がかかっていた。山に懸かる靄に心が引き寄せられる。


4月11日




4月21日
庵にあっては、雨露を凌げれば、、と気楽に考えていたが、露はともかく、雨を凌ぐのはなかなか大変な仕事になりそう。


天井の単管パイプを3本加え、両はじのものを継ぎ目のないものに改めた。


5月15日
屋根の作業にとりかかる。材が軟らかく扱いやすいが、床下が同じ材、というのはまずいかもしれない、と思い始める。再考。


5月22日





6月2日
向かいの山は濃い霧を纏う








8月11日
側を覆ってみた




8月15日


8月21日


8月25日




ナットが錆び始めている


9月6日
使い回しのブルーシートの所為か、雨漏れがあった。
合板とブルーシートとの間にホウ砂を撒いてみた。








新しいものに変えてみた。


9月16日
床下の材をウッドデッキ用の合成樹脂に変えた。


9月30日
床下材とスタイロフォームの組み合わせが完成。


11月6日
ルーフィング(田島)16kg




11月11日
ガルバリウム鋼板製屋根材を貼る(精田建鉄)
4mジャストではなく少し長めのものを注文するべきだった。




11月12日



11月13日
最後のプレートが難問


11月15日
最後のプレートと防錆塗装


11月25日
天井のブルーシートと壁のそれを接続
なぜか、天井板が湿っている。
























iori